トップページ  »   所属一覧  »   リハビリテーション学科(理学療法学専攻)  »   岸川 由紀 のプロフィール
岸川 由紀キシカワ ユキ (KISHIKAWA YUKI) 女性 
所属リハビリテーション学科(理学療法学専攻)
講師
写真
2022/09/28 更新

プロフィール

学歴
平成22年 3月 久留米大学大学院医学研究科 修士課程修了 修士(医科学)
平成26年11月 久留米大学大学院医学研究科 博士課程修了 博士(医学)
職歴
専門分野
生理学
研究テーマ
生理学
薬理学
疼痛学
共同研究
所属学会
日本理学療法士学会
日本神経科学学会
日本生理学会
日本薬理学会
日本神経精神薬理学会
ペインリハビリテーション学会
日本食品科学工学会
日本農芸化学会
日本ヘルスプロモーション理学療法学会
学会・社会活動
学会賞等
研究者からの一言アピール
オフィスアワー
時間:月曜日 16:20~17:50
   水曜日 13:00~14:30
場所:7号館 5階 研究室

教育・研究業績一覧

著書・論文等
【学術論文】
Determinants of Quality of Life in Elderly Rehabilitation Users at a Day Care Service Center
2023/01  共著 Journal of Physical Therapy Science  Vol.35, No.1
【学術論文】
Effects of Pain-Related Catastrophic Thinking, Anxiety, and Depression on Pain Intensity and Quality of Life in Patients with Knee and Low back Pain
2022/09  共著 Journal of Physical Therapy Science Vol.34 625-629.
【学術論文】
Dysregulation of dopamine neurotransmission in the nucleus accumbens in immobilization-induced hypersensitivity
2022/09  共著 Frontiers in Pharmacology  13:988178
【学術論文】
地域在住高齢者におけるフレイルとQOLとの関連性について
2022/09  共著 研究紀要 青葉 Seiyo Vol.14 (1) 141-150
【学術論文】
Use of the Tokyo Cognitive Assessment for mild cognitive impairment to characterize elderly people that use day care services in Japan
2022/08  共著 Journal of Physical Therapy Science Vol.34, 577-583.
【学術論文】
Evaluation of the Tokyo Cognitive Assessment for Predicting Cognitive Impairment in Rehabilitation Users
2022/04  共著 Open Journal of Therapy and Rehabilitation Vol.10, 54-61.
【学術論文】
要支援者と健常高齢者における運動,認知機能の比較
2022/02  共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.14, 11-14
【学術論文】
体脂肪量と上腕の皮下脂肪厚および周径に関する研究
2022/02 原著論文 共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.14, 29-32
【学術論文】
Correlations between Motor Ability with Gait Speed and Cognitive Functions in Rehabilitation Users
2022/02  共著 Open Journal of Therapy and Rehabilitation Vol.10, 1-8
【学術論文】
Relationship between instrumental activities of daily living and self-rated health rehabilitation users
2022/02  共著 West Kyushu Journal of Rehabilitation Sciences Vol.14, 5-9
【学術論文】
階段を昇る際に手すりを使用する地域在住高齢者の身体機能および認知機能の特徴
2022/02  共著 理学療法さが Vol.8(1),49-56
【学術論文】
地域在住高齢者を対象としたTimed “Up & Go” test (TUG) 実施時の留意点
2022/02  共著 理学療法さが Vol.8(1),79-82
【学術論文】
地域在住高齢者の転倒不安の有無と身体機能の関係
2022/02  共著 理学療法さが 8巻1号,9-15
【学術論文】
新型コロナウイルス感染症流行下での地域在住高齢者の身体組成と生活機能の変化
2022/02  共著 理学療法さが Vol.8(1),43-48
【学術論文】
被災地域在住高齢者の生活活動量とサルコペニアおよびQOLに関する調査研究
2021/09  共著 研究紀要青葉Seiyo Vol.13(1),65-74
【学術論文】
ウォーキングイベント参加者における生活習慣と血管老化度、糖化最終産物との比較検討
2021/02  共著 理学療法さが Vol.7 (1), 29-33
【学術論文】
地域在住高齢者における糖化ストレスと世代間交流,社会的属性との関連
2020/06  共著 西九州リハビリテーション研究  Vol.13 47-49
【学術論文】
地域在住高齢者における最大歩行速度と身体組成,運動機能,精神機能との関連
2020/06  共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.13, 33-37
【学術論文】
地域高齢者における参加活動とストループ検査,認知機能との関連
2020/06  共著 西九州リハビリテーション研究  Vol.13 55-57
【学術論文】
地域在住高齢者における認知機能,ストループ検査の検討
2020/06  共著 西九州リハビリテーション研究  Vol.13 51-53
【学術論文】
妊娠・産後の骨盤痛が歩行に及ぼす影響:システマティックレビュー
2020/04 原著論文 共著 ヘルスプロモーション理学療法研究 Vol.10(1), 1-8
【学術論文】
地域在住高齢者の健康度と社会活動実態調査
2019/05 原著論文 共著 西九州リハビリテーション研究 12巻 Page39-41
【学術論文】
地域女性高齢者の外出頻度と精神、運動機能との関連
2019/05 原著論文 共著 地域女性高齢者の外出頻度と精神、運動機能との関連 12巻 Page35-37
【学術論文】
地域在住高齢者における酸化ストレス度、抗酸化力と社会活動との関連
2019/05 原著論文 共著 西九州リハビリテーション研究 12巻 Page31-33
【学術論文】
通所リハビリテーション利用者および居宅介護施設入所者における運動機能、生活範囲、ADLがQOLに及ぼす影響
2019/05 原著論文 共著  西九州リハビリテーション研究  12巻 Page19-23
【学術論文】
ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸を多く含む食品が認知機能と血液生化学検査値に及ぼす影響-臨床研究と動物実験の結果から-
2019/02 原著論文 共著 理学療法さが Vol.5(1).21-30.
【学術論文】
地域在住高齢者における健康関連QOLと身体機能,認知機能,栄養評価,社会的属性との関連
2019/02 原著論文 共著 理学療法さが Vol.5(1),15-20.
【学術論文】
オスグッドーシュラッター病発症後のサッカー選手における膝伸展に関する身体因子の特徴
2018/07 原著論文 共著 ヘルスプロモーション理学療法研究 Vol.8(2) 51- 56
【学術論文】
地域在住高齢者における健康関連QOLの検討
2018/05 原著論文 共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.11 29-30
【学術論文】
地域在住高齢者に対するQOL評価尺度の妥当性
2018/05 原著論文 共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.11 25-27
【学術論文】
腰痛および膝痛における破局的思考は歩行に影響するのか?
2018/05 原著論文 共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.11 19-23
【学術論文】
地域在住高齢者における認知機能と身体機能および活動との関連性について
2018/02 原著論文 共著 理学療法さが Vol.4(1),41-45.
【学術論文】
地域在住高齢者の認知機能と身体機能および注意機能との関係―認知機能正常群と軽度認知障害(MCI)疑い群との比較-
2018/02 原著論文 共著 理学療法さが Vol.4(1),13-18.
【学術論文】
男子高校サッカー選手におけるオスグッドーシュラッター病発症後の調査
2018/01 原著論文 共著 理学療法科学 Vol.33(3) 467-472
【学術論文】
学童期のスポーツ選手における肩関節回旋可動域の特徴
2017/07 原著論文 共著 ヘルスプロモーション理学療法研究 Vol.7,No.2:73-78
【学術論文】
痛みの研究を考える
2017/06 解説 共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.10 17-20
【学術論文】
慢性痛に対するリハビリテーション
2017/06 総説 共著 西九州リハビリテーション研究 Vol.10 13-16
【学術論文】
Long-Term Citalopram Treatment Alters the Stress Responses of the Cortical Dopamine and Noradrenaline Systems: the Role of Cortical 5-HT1A Receptors.
2016/08  共著 International Journal of Neuropsychopharmacology Vol.19(8)
【学術論文】
疼痛の部位数がCatastrophizingならびに心身機能に及ぼす影響
2016/02 原著論文 共著 理学療法さが Vol.2(1) 61-64
【学術論文】
The spontaneously hypertensive rat/Izm (SHR/Izm) shows attention deficit/hyperactivity disorder-like behaviors but without impulsive behavior: Therapeutic implications of low-dose methylphenidate.
2014/08  共著 Behavioural Brain Research Vol.274,235-242.
【学術論文】
Upregulation of the dorsal raphe nucleus-prefrontal cortex serotonin system by chronic treatment with escitalopram in hyposerotonergic Wistar-Kyoto rats.
2013/09  共著 Neuropharmacology Vol.72,169-178.
【学術論文】
Food reward-sensitive interaction of ghrelin and opioid receptor pathways in mesolimbic dopamine system.
2013/04  共著 Neuropharmacology Vol.67,395-402.
【学術論文】
臨床実習における自己成績評価
2012/03  共著 リハビリテーション教育研究 Vol.17, 151-152
【学術論文】
臨床見学実習における自己成績評価について
2011/03  共著 リハビリテーション教育研究 Vol.16, 113-114
【学術論文】
実習前後におけるシャイネス感情と社会的スキルの変化について 有資格者と比較して
2010/06 原著論文 共著 理学療法科学 25巻3号 Page413-417
【学術論文】
注意欠陥多動性障害モデルラットの前頭前野におけるカテコールアミン量―メチルフェニデートの低用量投与による影響―
2010/04  単著 久留米医学会雑誌 Vol.73(3,4),90-98.
【学術論文】
学生のシャイネス尺度と社会的スキルに臨床実習が与える影響
2010/03  共著 リハビリテーション教育研究 Vol.15,205-207.
【学術論文】
臨床見学実習における自己成績評価について
2010/03  共著 リハビリテーション教育研究 Vol.16,113-114.
【学術論文】
実習前後におけるシャイネスと社会的スキルの変化について
2010/01  共著 理学療法科学 Vol.25(3),413-417.
【学術論文】
握力動作時おける前腕筋群間の筋活動特性
2009/11  共著 日本作業療法研究学会雑誌 Vol.12(2),1-5.
【学術論文】
学生および有資格者におけるシャイネス尺度と社会的スキルとの関係
2009/03  共著 リハビリテーション教育研究 Vol.14, 157-159
【その他】
新型コロナウイルス感染症の流行による地域在住高齢者の心身機能の変化
2021/05 学会発表 共著 第 117 回 理学療法科学学会・作業療法科学学会 学術大会 
【その他】
空間学習および記憶に対する菱外皮のポリフェノールの効果
2020/03 学会発表 共著 公益社団法人日本農芸化学会 2020年度(令和2年度)大会 47頁
【その他】
6ヵ月間の健康教育が地域在住高齢者に及ぼす効果
2019/10 学会発表 共著 ヘルスプロモーション理学療法研究 9巻3号 Page152
【その他】
菱の皮はマウスの認知機能の向上に効果があるか
2019/08 学会発表 共著 日本食品科学工学会 第66回大会講演要旨集30頁
【その他】
被災地在住高齢者における地域生活のひろがりとQOLに関する調査
2018/10 学会発表 共著  The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 55巻秋季特別号 Page S472
【その他】
地域在住高齢者の移動能力や生活範囲がQOLに及ぼす影響
2017/10 学会発表 共著 リハビリテーション・ケア合同研究大会 page.105
【その他】
地域在住高齢者を対象とした生活範囲と運動機能の違いとその関連性について
2017/04 学会発表 共著 理学療法学  44巻Suppl.2 Page P-TK-04-3
【その他】
地域在住高齢者における運動機能や生活範囲およびADLがQOLに及ぼす影響
2015/06 学会発表 共著 第50回日本理学療学術大会 A4判95頁
【その他】
Methylphenidate modulates catecholaminergic neurotransmission and ameliorates behavioral alterations in a rat model of attention-deficit hyperactivity disorder
2015/05 学会発表 共著 The World Confederation for physical therapy(WCPT2015) A4判67頁
【その他】
前頭前野のカテコールアミンの変化がADHD様行動に及ぼす影響
2014/11 学会発表 共著 第1回日本基礎理学療法学会学術集会・日本基礎理学療法学会第4回学術大会 A4判32頁
【その他】
Food reward-sensitive interaction of ghrelin and opioid receptor pathways in mesolimbic dopamine system
2013/10 学会発表 共著 第23回日本臨床精神神経薬理学会/第43回日本神経精神薬理学会合同年会 A4判193頁
【その他】
Effects of low-dose methylphenidate on attention-deficit hyperactivity disorder (ADHD)-like behaviors in the spontaneously hypertensive rat, an animal model of ADHD
2013/10 学会発表 共著 第23回日本臨床精神神経薬理学会/第43回日本神経精神薬理学会合同年会 A4判244頁
【その他】
グレリンの脳内オピオイドを介した食物報酬に関する中脳辺縁系ドーパミン神経調節作用
2013/03 学会発表 共著 第86回 日本薬理学会年会 B5判213頁
【その他】
低用量メチルフェニデートは高血圧症自然発症ラット(SHR)の注意欠乏/多動性障害様行動を改善する
2013/03 学会発表 共著 第86回 日本薬理学会年会 
【その他】
WKYとWistar ラットにおけるセロトニンシステムの比較検討
2013/03 学会発表 共著 第86回 日本薬理学会年会 B5判145頁
【その他】
Dorsal rapha nucleus serotonin Neurons in WKY rats demonstrate subresponsivity to an Acute Application of Escitalopram: Effect of repeated escitalopram treatment
2011/09 学会発表 共著 Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP2011) Jpn. J. Neuropsychopharmacol.A4判95~96頁
【その他】
臨床実習における自己成績評価
2011/08 学会発表 共著 第24回教育研究大会・教員研修会 A4判58頁
【その他】
注意欠陥多動性障害のモデルラットにおける細胞外カテコールアミンに対するメチルフェニデートの差動効果
2011/03 学会発表 共著 第84回日本薬理学会年会 B5判238頁
【その他】
注意欠陥/多動性障害モデルラットにおける低用量メチルフェニデートの細胞外カテコールアミンに対する効果
2010/12 学会発表 共著 第21回マイクロダイアリシス研究会 
【その他】
臨床見学実習における自己成績評価について
2010/08 学会発表 共著 第23回教育研究大会・教員研修会 A4判113~114頁
【その他】
Comparison of the depression-like behavior and serotonergic system between Wistar and Wistar-Kyoto rat strains
2010/06 学会発表 共著 The International College of Neuropsychopharmacology Congress (CINP 2010) Jpn. J. Neuropsychopharmacol.A4判89~90頁
【その他】
メチルフェニデートはADHDモデルラットの前頭前野のノルアドレナリン量を減少させる
2010/05 学会発表 共著 第87回日本生理学大会 A4判51~52頁
【その他】
学生の関節可動域測定に影響を及ぼす要因の分析
2010/02 学会発表 共著 第32回九州理学療法士・作業療法士合同学会 A4判172頁
【その他】
Methylphenidate投与による注意欠陥多動性障害モデルラットの前頭前野のカテコールアミン量
2009/11 学会発表 共著 第60回西日本生理学会 A4判21頁
【その他】
学生のシャイネス尺度と社会的スキルに臨床実習が与える影響
2009/08 学会発表 共著 第22回教育研究大会・教員研修会 A4判203~207頁
【その他】
学生および有資格者におけるシャイネス尺度と社会的スキルとの関係
2008/08 学会発表 共著 第21回教育研究大会・教員研修会 A4判157~159頁
研究シーズ
特許・発明
教育活動・社会活動
平成29年 9月から 
地域ケア会議アドバイザー
問い合わせ先
西九州大学グループ
※ 健康栄養学部・健康福祉学部・リハビリテーション学部に関しては
Tel. 0952-52-4191
※ 子ども学部・短期大学部に関しては
Tel. 0952-31-3001
※ 看護学部に関しては
Tel. 0952-37-0249