トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

子ども学実践演習Ⅰ(子ども支援の展開)

科目名 子ども学実践演習Ⅰ(子ども支援の展開)
ナンバリング MC_A1_02
担当者 香川 せつ子
高尾 兼利
眞田 英進
櫻井 琴音
田中 麻里
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 子ども学専攻
分類 基幹分野 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 後期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
 子どもと子どもの育ちをトータルに把握する子ども学の視点をふまえて、本演習では、子ども学特論において示した子ども研究の方法を基盤に、子どもを取り巻く家庭や地域社会における課題の発見と解決の方法について検討し、望ましい子ども支援のあり方を考察する。
授業の
到達目標
1)子どもと子どもの生活をトータルに把握することを通して、現代社会が直面する次世代育成上の課題について論理的に述べることができる。
2)子どもに関係する統計資料等の分析を通して、現代の子どもの生活と家庭や地域環境における課題を発見し、解決の方法を提起できる。
3)家庭、学校、地域社会における子どもの姿をフィールドワーク等を通して実態的に把握し、支援の方法について考察することができる。
4)いじめや発達上の障害など困難な状況に置かれた子どもについての理解を深め、支援の方法を実践的に考えることができる。
5)本演習で学んだ子ども支援の視点や技法・方法を、専門職業人としての実践や研究に活かすことができる。
学習方法 講義、演習、学校等へのフィールドワークやインタビュー調査など、多様な学習方法を組み合わせて行う。
テキスト及び
参考書籍
テキストは使用しない。各回のテーマに関連する資料やレジュメを配布する
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率         5     5 10 5 5 5   5     10 20 10 10   10     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 60
授業態度 5
受講者の発表 30
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバスを読んで本科目の概要を知る
授業 オリエンテーション「子ども学実践演習Ⅰの意義と課題 (全員)
事後学習(復習) 講義内容の要点をまとめる
第2週 事前学習(予習) 事前に配布した講義レジュメや資料に目を通し、疑問点等を明確にする
授業 現代の子どもと家族が抱える困難と支援の必要性(「子どもの貧困」を中心に)(香川)
事後学習(復習) レジュメ、資料、講義内容を照らし合わせ、要点を整理する
第3週 事前学習(予習) 事前に配布した講義レジュメや資料に目を通し、疑問点等を明確にする
授業 子どもと家族に対する生活支援の方法(ジェンダーの視点から)(香川)
事後学習(復習) レジュメ、資料、講義内容を照らし合わせ、要点を整理する
第4週 事前学習(予習) 事前配布資料をもとに調査計画を作成し、事前に提出する
授業 子どもと家庭への支援(含 フィールドワーク①)(田中)
事後学習(復習) フィールドワーク①の結果を整理し、レポートを作成する
第5週 事前学習(予習) フィールドワーク①を振り返り、課題等を整理する
授業 子どもと家庭への支援(含 フィールドワーク②)(田中)
事後学習(復習) フィールドワーク①②の結果を整理し、レポートを作成する
第6週 事前学習(予習) フィールドワーク①②を振り返り、課題等を整理する
授業 子どもと家族に対する生活支援の方法(子育て支援活動の視点から)(田中)
事後学習(復習) 子育て支援活動から見た子どもと家庭への支援について議論し、考えを深める
第7週 事前学習(予習) 音楽活動による子どもの表現に関する知識を整理しておく
授業 音や音楽の特性と表現活動(櫻井)
事後学習(復習) 学習した内容の要点をまとめる
第8週 事前学習(予習) 事前に配布した資料に目を通し、疑問点を明確にする
授業 障害のある子どもへの音楽活動を通した支援(櫻井)
事後学習(復習) 学習した内容の要点をまとめる
第9週 事前学習(予習) 事前に配布した資料に目を通し、疑問点を明確にする
授業 障害のある子どもと家族への音楽療法的支援(櫻井)
事後学習(復習) 学習した内容の要点をまとめる
第10週 事前学習(予習) 児童虐待の概要を理解しておく
授業 家庭における育ちに対する臨床心理学的支援(高尾)
事後学習(復習) 事例検討で学んだことをキーワードにする
第11週 事前学習(予習) 児童相談所における虐待対応について概要を理解しておく
授業 児童虐待対応の現実の理解-児童相談所における実践専門者との対話-(高尾)
事後学習(復習) 対話によって得られた知見をまとめる
第12週 事前学習(予習) 不登校・いじめ問題の概要を理解しておく
授業 不登校・いじめ問題対応の現実の理解-スクールカウンセラーとの対話-(高尾)
事後学習(復習) 対話によって得られた知見をまとめる
第13週 事前学習(予習) 障害児の実態把握に適用される心理・教育的検査の知識を整理しておく
授業 障害のある子どもへの支援(含 ロールプレイ等)(眞田)
事後学習(復習) 今回演習で経験した検査確認と教育支援への具体的適用方途を整理する
第14週 事前学習(予習) 発達障害児の実態把握に適用される心理・教育的検査の知識を整理しておく
授業 障害のある子どもへの支援(含 ロールプレイ等)(眞田)
事後学習(復習) 今回演習で経験した検査確認と教育支援への具体的適用方途を整理する
第15週 事前学習(予習) 授業を振り返り、自分の学びを総括する
授業 まとめ(全員)
事後学習(復習) 教員によるコメントを参考に、総括レポートを作成する
備考 ※一週間の中で、事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。