トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

看護学原論

科目名 看護学原論
ナンバリング
担当者 岡﨑 美智子
白田 久美子
池田 佐知子
開設学科
専攻・コース
看護学科
分類 専門教育科目 専門科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
小城 1年 前期 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
看護学を学ぶ導入として、より身近な人から宇宙内存在の人類を視野に入れた個人と集団および環境との相互作用を獲得する視点を育成する。そのために、看護学の本質を理解し看護ケアの創造性を育成する。看護学の目的は小集団の個人と家族および地域で暮らす人々で構成される地区集団のいのち・健康・くらしを事象を通して考え、看護学の果たす役割と働きを理解する。さらに、人口動態を理解し、人々のヘルスプロモ-ションに関する看護専門職の基本的な役割を理解する。
実務経験に
関連する
授業内容
この授業を担当する専任教員は、看護師として臨床看護の実践経験および保健師として地域看護の実務経験を長年実践してきたキャリアを持つものを加え、初年次の学生に具体的な事例を提示して抽象的な看護学に興味・関心が持てるように工夫する。
授業の
到達目標
1.看護の本質を理解するために、看護の特性、看護の定義、看護学の実践について学ぶ。
2.看護の歴史を古代から現代まで概説する。
3.WHOの健康の定義を学び、ヘルスポロモ-ションの概念を、地域を基盤とする看護学の特性から説明できる。
4.看護学の対象者である個人と家族の支援ができる基礎的知識を獲得する。
5.ライフサイクル各期の個人及び家族の発達段階を理解し、個人及び家族の支援について説明できる。
6.学生自身の健康課題をセルフケアの視点から知識を獲得し、日々の生活に活用できる。
7.看護実践の基盤となる看護技術、看護倫理、看護と法律、看護と経済、看護と政策、医療安全を理解する。
8.看護を提供する地域包括ケアシステムの仕組みを保健・医療・福祉・介護の政策を通して理解し、専門職としての倫理的行動が自覚できる。
学習方法 主として講義形式で看護専門職に必要とされる基礎知識を、資料・VTRで提供する。グル-プワークを通して学生同士のピア学習を促進する。
テキスト及び
参考書籍
テキスト:『看護学原論』(南江堂)
参考書:ナイチンゲ-ル『看護覚え書』(現代社)。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5     5       5       5 10 5 5 15 5 5 10 5 5 10 5   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート 20
授業態度 5
受講者の発表 20
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) テキストの目次に目通しし、第1章看護とはを読んでおく
授業 看護の本質を看護の定義を通して学び、経験知と科学としての臨床の知を学ぶ(岡崎)
事後学習(復習) 看護の本質について実学であり人間科学である特性について説明できるように、まとめる
第2週 事前学習(予習) テキスト「看護の変遷」について読んでおく
授業 看護の歴史を学ぶ意義を理解し、看護の起こりから変化している看護を考える(岡﨑)
事後学習(復習) 学んだことを身近な人である家族に置き換えてレポート課題をまとめる
第3週 事前学習(予習) テキストを読み「地域を基盤とする看護の本質」を考える。
授業 WHOの健康の定義を理解し、ヘルスプロモ-ションと地域を基盤とする看護の特性を学ぶ(池田)
事後学習(復習) 授業と関係づけてヘルスプロモ-ションについてまとめる
第4週 事前学習(予習) テキスト第2章を読んでおく
授業 看護の対象となる個人・家族・地域集団についてその特性を理解する(池田)
事後学習(復習) 個人と集団について、自身を取り巻く家族と地域を含めて考えてみる
第5週 事前学習(予習) テキスト第2章を読んでおく
授業 個人と集団について、自身を取り巻く家族と地域を含めてその特性を理解する(池田)
事後学習(復習) 個人・家族・地域について、その特性をレポ-トする
第6週 事前学習(予習) テキスト第3章を読んでおく
授業 心理・社会的役割を学び事例を通して自己・他者理解およびソ-シャルサポ-トを考える(白田)
事後学習(復習) 事例から看護実践に必要とされる看護の役割をまとめる
第7週 事前学習(予習) テキスト第3章を読んでおく
授業 心理・社会的役割を学び事例を通して自己・他者理解およびソ-シャルサポ-トを考える(白田)
事後学習(復習) 事例から看護実践に必要とされる看護の役割をまとめる
第8週 事前学習(予習) テキスト第4章を読んでおく
授業 看護実践の基盤となる看護技術と看護倫理について学ぶ(岡﨑)
事後学習(復習) 看護技術を「生活支援論」の講義と関連させて考える
第9週 事前学習(予習) テキスト第4章を読んでおく
授業 看護実践の基盤となる看護と法について保助看法、医療法、尊厳死等について概説する(岡﨑)
事後学習(復習) 新聞、TVの情報から具体的な事実をつかみ取り、レポ-トできる。
第10週 事前学習(予習) テキスト第4章を読んでおく
授業 看護実践の基盤となる看護と経済、制作、医療安全について学ぶ(岡﨑)
事後学習(復習) 医療安全とヒ-マンエラ-について考え、意見を述べる
第11週 事前学習(予習) テキスト第7章を読んでおく
授業 看護を提供する看護専門職の在り方:ICN・JNA看護倫理と患者の権利宣言(岡﨑)
事後学習(復習) 講義内容を通して、自分の将来のキャリア開発について考える
第12週 事前学習(予習) テキスト第8章を読んでおく
授業 看護を発展させるための看護実践、看護研究、看護教育の関連について理解する(岡﨑)
事後学習(復習) 講義内容をまとめ、現在受講している看護学原論との関連を考える
第13週 事前学習(予習) 資料を読んでおく(『ナイチンゲ-ル:看護覚え書』から目次と序章)
授業 『看護覚え書』の目次を概説し、序章を読む(岡﨑・池田)
事後学習(復習) 『看護覚え書』序章を読み要約して意見を述べる(10分間レポ-ト)
第14週 事前学習(予習) 資料を読んでおく(『ナイチンゲ-ル:看護覚え書』第1章)
授業 『看護覚え書』第1章を読み、読み方と要点整理を講義する(岡﨑・池田)
事後学習(復習) 『看護覚え書』第1章を読み要約して意見を述べる(10分間レポ-ト)
第15週 事前学習(予習) 資料を読んでおく(『看護覚え書』目次)
授業 映画「看護覚え書」を鑑賞する(岡﨑)
事後学習(復習) 講義を振り返り、看護学を学び始めた今と入学時の動機を振り返り、目標の達成をまとめる。
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 ①講義に必要な資料を配布する。資料はファイリングして保存し、学内演習および臨地実習で活用できるようにする 。