トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

心理実習

科目名 心理実習
ナンバリング
担当者 西村 喜文
太田 秀樹
利光 恵
赤川 力
開設学科
専攻・コース
心理カウンセリング学科
分類 専門教育科目 専門基幹科目及び専門展開科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 4年 通年 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
保健医療分野,教育分野,福祉,司法,産業分野の臨床現場に赴き,見学実習を行う。
また,実習に伴う事前事後学習も大学内で実施する。
臨床現場に勤務する実務家教員・指導者から,心理臨床の現場理解と,チームでの心理支援の理解を実践的に学ぶ。
実務経験に
関連する
授業内容
担当教員は公認心理師・臨床心理士の有資格者であり、10年以上の臨床実践経験をもつ。
授業の
到達目標
本実習は,保健医療分野,教育分野,福祉分野等の施設において心理臨床の現場理解及びチームでの心理支援の理解を深めることをねらいとし,以下の事柄について基本的な水準の知識を修得し重要性を説明できるようになること,および基礎的な技能を修得することを到達目標とする。
(ア) 心理に関する支援を要する者へのチームアプローチ
(イ) 多職種連携及び地域連携
(ウ) 公認心理師としての職業倫理及び法的義務への理解
学習方法 見学実習と,大学内における実習(現場実習における事前事後学習としての対面授業)
テキスト及び
参考書籍
授業内に、適宜指示する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         30 10   5 5 5   20 20 5     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 20
授業態度 40
受講者の発表 20
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 前期オリエンテーション
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第2週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 保健医療領域における心理臨床の実際①
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第3週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 保健医療領域における施設見学①
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第4週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 保健医療領域における施設見学①
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第5週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 保健医療領域における心理臨床の実際(事後学習と発表①)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
第6週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 保健医療領域における心理臨床の実際②
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第7週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 保健医療領域における施設見学②
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第8週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 保健医療領域における施設見学②
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第9週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 保健医療領域における臨床の実際(事後学習と発表②)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
第10週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 教育領域における心理臨床の実際①
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第11週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 教育領域における施設見学①
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第12週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 教育領域における心理臨床の実際②
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第13週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 教育領域における施設見学②
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第14週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 保健医療領域における臨床の実際(事後学習と発表①)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
第15週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 保健医療領域における臨床の実際(事後学習と発表②)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
第16週 事前学習(予習)
授業 後期オリエンテーション
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第17週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 福祉領域における心理臨床の実際①
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第18週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 福祉領域における施設見学①
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第19週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 福祉領域における心理臨床の実際②
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第20週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 福祉領域における施設見学②
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第21週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 福祉領域における臨床の実際(事後学習と発表①)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
第22週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 福祉領域における臨床の実際(事後学習と発表②)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
第23週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 司法領域における心理臨床の実際
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第24週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 司法領域における施設見学
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第25週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 司法領域における施設見学
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第26週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 司法領域における臨床の実際(事後学習と発表)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
第27週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 産業領域における心理臨床の実際
事後学習(復習) 今回の授業内容を確認する。
第28週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 産業領域における施設見学
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第29週 事前学習(予習) 実習施設のHPなどを使って、施設の特徴、心理師の職種と業務内容、施設見学で学びたいことを調べる。
授業 産業領域における施設見学
事後学習(復習) 見学した内容をまとめておく。
第30週 事前学習(予習) グループごとに見学実習で得た学びを報告できるように資料を作成する。
授業 産業領域における臨床の実際(事後学習と発表)
事後学習(復習) 発表時の助言をもとに知見を整理する。
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 この授業は、公認心理師受験資格必修科目です。
授業への無断欠席・無断遅刻、その他モラルのない受講態度が見受けられた場合、受講中断を申し渡すことがあります。
公認心理師受験資格必修科目であり、かつ演習形式の授業であることから、対面授業形式で行います。