トップページ  »   所属一覧  »   リハビリテーション学科(作業療法学専攻)  »   植田 友貴 のプロフィール
研究者の写真
助教
・博士(リハビリテーション学)  ・修士(作業療法学)
植田 友貴ウエダ トモタカ
UEDA TOMOTAKA
男性
最終更新日 2017/09/23
専門分野
・身体障害作業療法
・福祉機器
・コミュニケーションエイド・環境制御装置
・摂食嚥下障害の作業療法
・神経・筋疾患のリハビリテーション
研究テーマ
・摂食嚥下障害へのリハビリテーション
・福祉機器の開発・応用
・コミュニケーションエイドの開発・応用
共同研究

実績

厚生労働省班研究への協力(今井班,神野班,松尾班)

希望

・摂食嚥下障害者用の自助具・食品の開発
・摂食嚥下障害の評価・治療機器の開発
・福祉機器の開発
・コミュニケーション機器の開発
・神経・筋疾患のリハビリテーション

所属学会
・日本作業療法士協会(福祉用具対策委員会委員、IT機器アドバイザー,福祉用具相談支援システム事務局員,第5期学会査読委員,専門作業療法士研修摂食嚥下講師)

・World Federation of Occupational Therapists 個人会員

・佐賀県作業療法士会(広報部員,機関紙編集委員,福祉用具エキスパート育成事業事務局)

・日本難病医療ネットワーク学会(教育委員会委員)

・ながさきコミュニケーションエイド研究会(会長)

・NPO法人 食と生活リハビリテーション研究所(理事)

・日本ALS協会佐賀県支部(顧問)

・日本作業療法研究学会(事務局員)

・神経難病リハビリテーション研究会

・日本摂食嚥下リハビリテーション学会
研究者からの一言アピール

学内では,身体障害作業療法全般と,作業療法評価学,運動学,生活技術学などを担当しています.

研究テーマは福祉機器と摂食嚥下障害です.
福祉機器全般が研究テーマですが,特に神経・筋疾患患者(難病患者)へのコミュニケーションエイドと入力デバイスについて研究しています.

摂食・嚥下障害は、高齢者、神経・筋難病患者などへのリハビリテーションについて研究しています。
特に、摂食・嚥下障害のメカニズム解明、食事用自助具の開発と応用・評価機器の開発に力を入れています。

オフィスアワー

時間:月曜日9:00~12:00
場所:7号館3階 合同研究室

西九州大学グループ
地域連携センター
佐賀県神埼市神埼町尾崎4490-9
※ 健康栄養学部・健康福祉学部・
リハビリテーション学部に関しては

Tel. 0952-52-4191
※ 子ども学部・短期大学部に関しては
Tel. 0952-31-3001
※ 教育・研究リソース検索システムに
関しては

西九州大学グループ 地域連携センター
Tel. 0952-37-6289
FAX 0952-52-4194 (西九州大学
グループ 地域連携センター)